ドライブレコーダー、ブローブ装置などの普及・展開を図ると共に、ドライブレコーダーなどのデータを活用して安全対策を推進します。

ドライブレコーダーデータ分析ソリューションスキーム(一例)

 





 

 

下記は、運転診断アプリケーションの一例です。





簡易なドライブレコーダーなどお客様の車載機データから上記のような運転診断アプリケーションを
セミオーダー開発することも可能です。(開発期間1〜2ヶ月)

 

車両に関するトータル管理を支援します。煩雑な車両管理の負担を軽減するとともに最適な運用を支援します。

 

車両に関する管理項目は、車両(リース、保険、燃料など)、駐車場、配車など多岐にわたるため 煩雑で手間のかかるものです。

面倒な車両管理を一括でアウトソーシングしていただくことにより、社員の負担軽減、コスト縮減を 実現します。

また、ドライブレコーダーなどのデータより得られた走行特性などをもとに、最適な運転行動をコンサルティングし、エコ運転の推進、
配送ルートの見直し、必要車両の見直しなどを実施します。

 

1.車両管理
・車両購入・リース
・車両点検(車検、定期点検)
・事故・故障対応
・ガソリン、ETC  など

2.リスク管理
・ドライブレコーダの設置
・運転行動データ分析
・運転診断レポート
・ハザードマップ
・運転教育指導  など
3.運行管理
・走行ルート提案
・配車計画提案
・コスト低減策検討
・エコドライブ指導

 

ドライブレコーダーデータなどの分析結果をもとに地域の交通安全対策を提案します。

 

ドライブレコーダーなどの運転データ記録型車載機で収集したデータは、地域の危険箇所(ヒヤリハット 発生箇所)を抽出することができます。

企業の社会貢献、地域貢献のひとつとして、ドライブレコーダーデータなどの分析結果を根拠として、 地域の自治体、道路管理者に対して、

改善案を提案し、安全対策の実施を提案します。

1.事故要因の分析

◆ 交通事故がなぜ発生するのか?その原因を分析することが最も重要です。

ビデオ観測、アイマークレコーダー、ドライビングシミュレーター、プローブ機器等を活用し、科学的・定量的に事故要因を明らかにします。

 

ドライビングシミュレーター実験
アイマークレコーダーによる視点計測
   

 

2.事故対策の検討

◆事故対策は、直ぐに実施できるソフト施策(路面表示、標識等)と、抜本的なハード施策(交差点改良等)の両面を提案します。

◆交通安全教育は有効な事故防止策であり、ヒヤリマップ作成等の啓発資料の作成も行っています。

 


ヒヤリマップの作成(通学路での危険箇所)
  

 

3.対策効果の評価(PDCAサイクルの継続)

◆対策実施後にはスピーディーに効果を評価し、効果的な対策案を提案します。

◆対策効果が低い場合は、効果が得られるまで対策を検討するよう取り組みます。(PDCAサイクルを実施)

 

 

お問い合わせはこちらから